家族を愛する副業ブロガー。最近の趣味はお金です。

まいたけの人生いろいろ日記

仕事

初めて転職する人へ。転職エージェントとは?メリットデメリットは?

更新日:

転職したいけどやり方がよく分からない人。

転職サイトを使っているけどいまいち結果が出ないという人。

そんな人におススメなのが、転職エージェントサービス

転職エージェントのサービス内容、メリット・デメリット等を説明します。

 



 

お疲れ様です、まいたけ(@maitakesan1)です。

転職で悩んでいる人の役に立てばと思い、記事を作成しました!

 

 

 

 

転職エージェントとは

転職エージェントは、その名の通りあなたの代理人として、無料で転職活動をサポートしてくれます。

DODA、リクルートエージェント、ビズリーチ等が有名ですね。

詳しいサービス内容と、転職サイトとの違いを見ていきましょう。

 

転職エージェントの仕組み

転職エージェントは転職者からはお金を取りません、つまり無料です

では、転職エージェントは誰からお金をもらっているのか?

お分かりかと思いますが、転職先の企業から、転職者の年収の30%程度を紹介手数料としてもらっています。

つまり、転職エージェントはお店で、転職者は商品、企業がお客さんということになりますね。

どうでもいいように思えますが、大事なことなので覚えておいてください。

 

転職エージェントのサービス内容

①履歴書・職務経歴書を登録しておき、会社ごとにカスタマイズして使い回せる

最初に登録しておけば、応募する会社に合わせて志望動機等を変えるだけでOK。

今まで履歴書・職務経歴書の作成に使っていた時間を、企業研究や面接対策に使えます。

 

②あなたの希望にあった会社、おススメの会社を探してくれる

希望の業種、職種、年収、勤務地など条件を伝えておけば、その範囲で会社を探してくれます。

また、あなたの経歴から適性がありそうな会社を提案してくれることもあります。

 

③応募手続き、面接の日程調整をやってくれる

応募手続き、日程調整は全てやってくれるので、お任せして面接の準備に力を入れましょう。

 

④職務経歴書の添削、面接のロープレ、面接後の振り返りをやってくれる

相手に伝わる内容になっているか、PRポイントはこれでいいのか、プロの目線で添削してくれます。

面接で聞かれやすいことや、会社ごとに面接の傾向を教えてもらえる場合も。

 

転職サイトと転職エージェントの違い

①転職のプロから面接や書類作成のアドバイスをもらえる

自分一人でやるよりも効率的に進めることができます。

 

②非公開求人に応募できる

「非公開求人」とは一般に公開されていない求人のことで、転職エージェント経由でしか応募できません。

「公開求人」はその逆で、オープンに募集しているので誰でも応募することができます。

最大の違いはその求人数。

あくまでも目安ですが、非公開求人は公開求人の4~5倍の規模となっているようです。

求人なんだから公開した方がいいんじゃない?と思われるかもしれませんが、その説明は省きます。

詳細を知りたい方はこちらから。

 

③エージェントと対面する必要がある

エージェントと一緒に転職を進めていくので、それによるメリットデメリットが生じます。

詳しくは下記で説明しています。

 

転職エージェントのメリットとデメリット

メリット

①面倒な作業が大幅に減る

面倒な書類の作成、企業とのやり取りを最小限に抑えることができます。

書類の作成で心が折れてしまうような人には特におススメです。

 

②面接の精度が高まる

事前に面接のアドバイスを受けたり、ロープレまでできるので、普通に受けるよりも有利になります。

面接後のフィードバックもあるので、次に活かすこともできるでしょう。

 

③お得な情報を得られる

担当者と仲良くなれば、特におススメの求人や応募する会社の内情をこっそり教えてくれることもあります。

そこまでの情報は得られないにしても、聞きたいことをタイムリーに聞けるのは大きなメリット。

応募する会社に何度も問い合わせをしたり、面接で突っ込んだことを聞くのはハードルが高いですが、エージェント経由なら気兼ねなく質問できます。

 

デメリット

①転職に時間がかかる場合がある

転職者と会社の間にエージェントを通すので、採用までに時間がかかることがあるようです。

とはいえ、同時に複数の面接を進めていればそんなに気にならないと思いますが。

僕が使った時もそこまで不便には感じませんでした。

 

②エージェントに乗せられて不本意な会社に就職してしまう

これは気を付けないといけません。

「転職エージェントの仕組み」で見たように、転職者は「商品」なので、エージェントは早く売ろうとします。

エージェントに流されず、自分のやりたいことや適性をよく考えることも重要です。

実際僕も、不動産を希望していたのに接客繋がりでパチンコ屋・居酒屋を勧められました笑

時間がかかる人には、とにかく転職させようと強引なおススメをしてくる可能性が高いようです。

 

③下手なエージェントに当たってしまう

どのエージェントに当たるかによって転職活動の質が変わってきます。

質問にすぐに答えられない、対応が遅い、こまめに連絡をくれない担当者は要注意です。

そのような人は企業からの評判も悪く、「○○さんが紹介する応募者は危険」と思われている可能性も。

必要なら担当を変えてもらいましょう。

 

 

結論:基本的に転職エージェントを使った方がおトク

求人の数やサービス内容から考えても、転職するなら転職エージェントは使った方がいいと思います。

かかる手間や、求人の充実度を考えてもメリットは大きいと言えるでしょう。

ただ、転職エージェントの顧客は企業であり、転職者はあくまでも商品です。

覚えておかないと、良いように振り回されて不本意な企業に就職してしまった・・・なんてことも。

その点に十分注意して使えば、とても素晴らしいサービスですよ。

本記事が、転職に困っている人の参考になれば幸いです。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 



 

 

Follow me!

-仕事
-, , , , , , ,

Copyright© まいたけの人生いろいろ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。