家族を愛する副業ブロガー。最近の趣味はお金です。

まいたけの人生いろいろ日記

まいたけの日常

コンパクトかつハイレベル。金沢・福井の旅

更新日:

今までに行った国内旅行でも最高レベルの満足度でした。

特に金沢。

地理を知らなくても簡単に回れる交通網。

全てが近場にある利便性。

料理も美味しく観光スポットも豊富。

完璧です!

こんばんは、まいたけ(@maitakesan1)です(^-^)

2年前に3泊4日で金沢・福井に旅行した時の感想を書いておきます。

とにかく便利で楽しい最高の土地でした!

1日目ー兼六園・金沢城址・あかめ寿司・ホテル白鳥路

金沢駅★★★★☆

東京から開通したばかりの北陸新幹線に乗って2時間30分。

意外とあっという間に金沢に到着し、まず驚くのがこちらの外観!

駅の中も特徴的な美しい装飾が施され、圧巻でした。

実はアメリカの大手旅行雑誌にて「世界でもっとも美しい駅」のひとつに選ばれているそうです。

旅行でウキウキしているところにこれを見せられたら、もう初っ端から最高潮に!

 

近江町市場★★★★☆

駅から出ている回遊バスに乗って向かうのは、金沢の台所「近江町市場」。

北陸の海の幸が集まり、飲食店やお土産も充実した観光スポットです。

所狭しと並べられた、あらゆる海の幸!

もうどれを選べばいいのか分かりません。

というくらい魚!カニ!貝!海藻!八百屋もあるよ。

買ったその場で発送も勿論可能。

今回は、福岡の実家にカニを送りました。

お昼は市場の中にあるお店で海鮮丼と日本酒を頂きました。

昼間っからお酒と魚とかもう至福!今思い出してもたまらん。

あと白子の天ぷらが超越上手くてグルメ細胞のレベルが上がりましたね。

 

兼六園    ★★★★☆

金沢城址 ★★★☆☆

お昼を食べたら、また回遊バスに乗って兼六園&隣の金沢城址に向かいます。

ちなみに回遊バスの乗り放題は、確か1日500円。

2、3箇所移動するだけでも元が取れるのでお勧めです。

こういうところも観光客意識してて素敵!

兼六園は説明するまでもなさそうですが、まさしく風光明媚。

雪景色やライトアップも見たかった!

金沢城址は、まあ普通に城。

兼六園と合わせて一度に回るとちょっと疲るかもしれません。

妻がちょっと貧血気味になったので、カフェで一休みしました。

ここで注目してほしいのが、所要時間。

ここまでの道のり

11時頃駅に到着→近江町市場でお土産購入して昼食→兼六園&金沢城址回ってカフェで休憩

ですが、この時点でまだ夕方なのです。

いかにコンパクトにまとまっているかお分かり頂けるのと思います。

 

ホテル白鳥路★★★☆☆

休憩が終わって本日のお宿、ホテル白鳥路へチェックイン!

レトロな内装で、部屋やお風呂はとても綺麗。

少し古めの作りですが、雰囲気があって嫌な感じは全然しないです。

価格もそこまで高くなくお勧めだと思います。

チェックイン後、ひとしきり部屋とお風呂でのんびりしたら、夕食へ!

あ、写真ないけどお風呂もよかった。

 

あかめ寿司★★★★★

夜になり、バスに乗って駅近くの「あかめ寿司」へ行きました。

これまた評判のお店だけあって、美味しい。料理が美しい。満足。

特にカニの美味さ。これは泣ける。

2軒目は、路地裏の居酒屋的なところ。名前は分からん。

近江町市場で海鮮丼食べたってマスターに言ったら、「金沢まで来て海鮮丼たべる奴はアホ。寿司くえや」。

おいおいダディ、そいつは少しばかり暴言が過ぎるんじゃないかい?

口の悪いマスターに散々絡んでホテルへ戻る。

 

2日目 東茶屋街・忍者寺(妙立寺)・スーパー銭湯?・武家屋敷・いたる香林坊店

2日目!

若干二日酔いの気配を感じつつも出発。

 

東茶屋街★★★★☆

まずはご存知、東茶屋街。

美しい街並みに茶屋・お土産屋・飲食店等が楽しめます。

食べなかったけど金粉アイスが有名ですね!

どのお店がいいとかではなく、街並みの美しさ・建物の内装が素敵です。

木造の建物が整然と並ぶ空間は、他では味わえない雰囲気でした。

お昼は隠れ家的な感じのフレンチ。

ランチコースを頂きました。また写真ないけど美味しかった。

 

妙立寺(忍者寺)★★★★★

続いては、バスで少し移動して寺町寺院群の妙立寺、通常「忍者寺」へ!

こういうところです。

当時、加賀藩は百万石の禄高を誇る外様大名の雄として徳川幕府から常に監視下に置かれ相当の緊張状態にあった。実際、幕府内では加賀征伐の計画すら存在したという。こうした背景にあって、利常は金沢の街をはじめとして、幕府の軍勢を迎え撃つ為の態勢を整えていった。

(中略)これは、福井方面からの幕府軍勢の侵攻を想定したもので、金沢城が直接攻撃される以前に寺町台で迎え撃つとの計画に基づき、寺町寺院群に出城の役目を持たせたものといわれる。

その中で、当山は短期間に能登石動山、新竪町そして現在地へと移転が行われ、寺町寺院群の中では比較的遅い時期に(1650年代)に移築された。以降、前田家の祈願所として歴代藩主自らが参詣し、武運長久と庶民の安穏を祈願した。また一方では、万一の場合の出城として、その中心的役割を持たせたと言われる。そのため、建物全体が迷路状となり極めて複雑な構造を有し、今日では『忍者寺』の別称持つ。

引用:妙立寺HP

  

いざという時の防衛拠点として、お寺をこっそり改造して敵の攻撃に備えてたんですね。

お寺の歴史や防御の仕掛けを説明しながら中を回るツアーがあるんですが、これがまた面白い!

隠し階段、隠し扉、隠し部屋、脱出用の通路・・・これらのギミックを隠すために、全体的に奇妙な造りになっていて狭苦しいのもまた迫力です。

これも他では味わえない感がありました。

 

お寺の後はちょっと休憩ということで、近くのスーパー銭湯へ。

特に変わったことはないので省略!

 

武家屋敷★★☆☆☆

で、夕食の時間まで間が開いたので、香林坊の武家屋敷へ。

その名の通り武士たちが住んでいた街並みがそのまま残っていて、一部が骨董品店とか資料館になってます。

骨董品をちょろっと見て、街並みを眺める程度で終了。

風情がありました。

ちなみに2日目もこんだけ回ってまだ18時!

全部近くにまとまっているのです。

 

いたる 香林坊★★★★☆

夕食は地元の有名店「いたる 香林坊店」。

 

地元の美味しい魚をこれでもかと言うくらい食べた。

お酒もめちゃめちゃ飲んだ。

オープンキッチンで板前さんと話した。

総合:超いい店

ぐでんぐでんになり、奥さんの知り合いがオーナーやってる店に行こうとしたが休店日!

コンビニでお酒とおつまみを買い、ホテルへ。

帰りのバスを間違えてわちゃわちゃして2日目終了。

 

3日目 福井・芦原温泉へ移動

起床!

うんこれは二日酔いですね!

急いで荷造りしてチェックアウト。

「大丈夫?忘れ物ない?」と自信満々で言った僕が忘れ物をするという地獄。

今日は特急に乗って福井県へ!

 

つるや★★★★★

あわら湯のまち駅で降りて本日のお宿「つるや」へ!

時間が余ってチェックインまで近くの喫茶店で過ごしました。

宿の近くには特に何もないので、別の所で遊んで夕方に来た方が良さそうですね。

      

     

つるやについては、部屋もお風呂も料理も全て最高でした。

写真の部屋風呂が特によかったですね。。。この贅沢感は筆舌に尽くしがたいです。

この日も料理を楽しみ、お酒をたくさん飲んで終了。

おいしい!

 

4日目 東尋坊

いよいよ最終日!

今日はバスに乗って東尋坊へ行きます。

 

東尋坊★★★★☆

駅からバスでしばらく行くと到着。

  

これはもう実際に見ないと分からないですが、物凄く怖いです。

怖いですが、つい下を覗きたくなります。

絶景です。

途中にあるお店で食べた焼きホタテが美味しかった。

食べてばっかり!

恐竜博物館とか永平寺とか、有名な観光スポットが全部離れてるので、福井に来る時は

レンタカー使用を推奨します。

今回もレンタカーあれば3日目4日目であと2か所は行けたな!

そんなこんなで全日程が終了!

 

まとめ

金沢市内はマジで今までで最高。

・バスで全部行ける。乗り放題あり。全部近いからアクセス最高。金沢自体も東京から2.5時間

・食事が全部美味しい。

・兼六園、東茶屋街、妙立寺はかなりレベル高い。

 

福井はもちろんいいけど、車があった方がいい。

つるやは最高。

 

いやーまた行きたいですね。

それではまた!

 

------------------------おまけ---------------------------

ブログに使った時間累計:36時間

ブログの為に購入した本:3冊

【成長の記録】

関連記事の表示をプラグインで導入した(多分できてる)

【やりたいこと】

・ブログの先頭に目次を表示する

・抜粋を使えるようになる

・文章力に関する勉強

 

 

【偽りの次回予告】

「24歳男性が謎の失踪 SNSにミッキーマウスの悪口を投稿した形跡」

Follow me!

-まいたけの日常
-, , , , ,

Copyright© まいたけの人生いろいろ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。