家族を愛する副業ブロガー。最近の趣味はお金です。

まいたけの人生いろいろ日記

生活

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の異常な眠気が「CPAP療法」で劇的に改善した体験

更新日:

ちゃんと寝ているのに異常に眠い。

大事な会議でも寝てしまう、目覚ましをかけても朝起きられない。

いつもボーっとしていて、集中力を保てない。

これは睡眠時無呼吸症候群(SAS)の代表的な症状です。

今回は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状・つらさと、CPAPという療法で症状を改善できた実体験をお伝えします。

自分にあてはまるかも?と思った人は、めんどうくさがらずに病院に行ってください。

人生が劇的に明るくなるチャンスです!

 

 

 

 

無呼吸症候群(SAS)の地獄を改善してくれたCPAP療法

経験者は分かると思いますが、あの異常な眠気、体調の悪さ、集中力が続かない感じは本当につらいものです。

僕の場合、一番ひどい時には高速道路で数秒いねむりして命を落としかけました。

こんな感じでずっと悩まされていたのですが、僕は「CPAP療法」で症状を劇的に改善できました。

この記事で伝えたいポイントは以下の2つ。

①睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状、つらさ

②CPAP療法で症状が改善できた体験

 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)はこんなにつらい!主な症状と日常生活への影響

人生を一か所だけやり直せるとしたら、僕はCPAP療法をもっと早く始めます。

それ以外の選択肢はないと思えるくらい、CPAP療法のもたらした影響は絶大でした。

関連記事

睡眠が人生を変える!SAS(睡眠時無呼吸症候群)持ちに必須の治療法、CPAP

CPAP療法の始め方。まずは気軽に病院へ行きましょう(作成中)

それだけ、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状がつらかったのです。

以下に主な症状と日常生活への具体的な影響を並べてみましょう。

 

 



 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の主な症状

ポイントは、自分基準で考えないこと。

自分と比べても、それが異常なことなのかどうかは分かりません。

人と比べていつも眠い、体力がない、集中力がないと思ったらこの病気を疑いましょう。

・十分寝たのに、いつも異常に眠い

・体力がなく、すぐに息切れする

・記憶力が異常に低い。今やろうとしていたことを忘れる、簡単なだんどりができない

・集中力が続かない、すぐにイライラする

・喉が妙に乾く

・朝起きた時、口の中がガラガラに乾いている

・夜中になんども起きて水を飲む

眠気・記憶力・集中力の類は、無呼吸発作の影響で睡眠中に体が休めていないことが原因。

1日8時間寝ていても、慢性的な寝不足と同じ状態になっているのです。

口が渇きやすいのは、鼻呼吸がうまくできず口呼吸になってしまうからです。

詳しくはこちらのサイトが参考になります。

SASnet

 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の日常生活への影響

それでは、このような症状が出ると日常生活にはどんな影響があるのでしょうか。

実体験をもとにお伝えします。

下に書いているのは、僕がもっとも睡眠を取れていなかった時の症状です。

具体的には、毎日4~5時間くらいですね。

ただでさえ休めてない体がますます追い詰められ、常に無気力で地獄のような日々でした。

(末期には、横から来てる車に気付かず横断歩道を渡ろうとして、死にかけました)

 

眠気の影響

朝起きられない。

社会人になってから、恥ずかしい話ですが数回会社に遅刻しました。

もちろん、僕と同じ状況で遅刻せずに生活している人もいると思いますが・・・

とにかく、起きるのがつらくてしょうがない。

休みの日なんて永遠に二度寝して、布団の中に18時間いるとかしょっちゅうでした。

今は全くないのですが、それは後から説明しますね。

 

記憶力が欠如する影響

これは仕事への影響がえげつなかったです。

一番ひどい時は、今電話で指示を受けた内容が思い出せない。

仕事のだんどりを考えて今から進めようとしてるのに、いちいちメモを見ないと進められない。

普通に、仕事が全然できない人として評価されました。

 

集中力が続かない影響

これも、記憶力と同様に仕事に影響します。

集中できないので作業が進みません。

普通に仕事ができない認定されるレベルで作業が遅くなります。

また、ささいなことですぐにイライラするような精神状態でした。

寝不足怖い。

 

口呼吸の影響

他の要因もあると思いますが、しょっちゅう体調を壊していました。

具体的には、微熱と腹痛が多かったです。

医学的にちゃんと理由があって、口呼吸は感染症を始めとする様々な病気のリスクを高めます。

詳しくはこちら。

OMRON

 

 

CPAP療法で睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状が改善した実体験

最後に、睡眠時無呼吸症候群(SAS)のつらい症状を劇的に改善できた体験をお伝えします。

CPAPとは何か?についてはこちらの記事をご覧ください。

 

睡眠が人生を変える!SAS(睡眠時無呼吸症候群)持ちに必須の治療法、CPAP

 

ここでは、CPAP療法がいかに素晴らしい効果をもたらしたかを説明します。

治療を迷っている方は参考にしてください。

金額、実際の治療方法についてはまた別記事でまとめたいと思います。

以下の改善例は、大体治療開始2週間くらいから効果を実感できました。

 

慢性的な眠気がなくなった!

もう人生の一部だと思ってあきらめていたあの眠気が、きれいになくなりました。

想像してみてください。

いつも遅刻ギリギリだった朝の時間が、まったくつらくない。

会議中にミンティアを激食いしなくても、眠くない。

電車の中で読書しても、眠くない。

これだけでも、病院に行く価値があると思います。

いや、あります。

それから、眠気がなくなると気力が湧いてくるんですよね。

今日はこの本を読んでみようとか、仕事で分からないことがあったら家で調べてみたりとか。

確実に人生が充実します。

 

記憶力、集中力が戻ってきた!

自分はできない人間なんだ・・・と思っていたのが嘘のように、仕事ができるようになりました。

(別記事に書きましたが、ものすごくできるわけではない)

とりあえず、人並みの記憶力、集中力が戻ってきて良かったです。

自分に自信がなかった頃は、上司にいつも委縮していて、仕事に行くのがつらかったです。

それがなくなったのは本当に感謝ですね。

 

体調が良くなった!

体調が目に見えて良くなりました。

具体的には、

・体が軽く感じるようになった

・息切れしなくなった

・風邪を全然引かなくなった

 

以前は、いつもだるく、眠く、無気力で顔色が悪く、よくお腹を壊していました。

それと比べると天国のような状況!

単純に、体調がよくなれば生活の質は上がります。

気分も上がりやすくなり、いいことずくめです。

 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いがある人はすぐに病院へ。CPAPで人生を変えよう

CPAPって何?

具体的に何をすればいいの?

という質問は別記事で解説します。

とにかく、この記事を読んで睡眠時無呼吸症候群(SAS)を疑った人は、今日にでも病院に行ってください。

確かに、月に5千円程度のお金はかかります。

機器の扱いが多少面倒です。

必ず月に1回通院しないと、保険の適用外になってめっちゃお金かかります。

それでも、あなたはCPAP療法を始めることで、

・地獄のような眠気

・記憶力、集中力の低下

・イライラ

・様々な体調不良

・自分に自信のない生活

を終わらせることができて、

・いつも意識がはっきりして、

・仕事がちゃんとできて、

・休みの日にはしっかり朝起きて遊びに行ける

こんな生活が手に入る可能性があります!

僕の体感からすると、正直5万円でも安いです。

なんだか情報商材のようになってしまいましたが・・・

これを読んで病院に行ってくれる人が一人でもいたら嬉しいです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の人なら絶対効果があるので、ぜひ試してみてください。

 

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事

睡眠が人生を変える!SAS(睡眠時無呼吸症候群)持ちに必須の治療法、CPAP

CPAP療法の始め方。まずは気軽に病院へ行きましょう(作成中)

 

 

 

 

Follow me!

-生活
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© まいたけの人生いろいろ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。