お金の知識 より良い暮らし

【QRコード決済】メリット・デメリットと使い方を分かりやすく解説

更新日:



最近はやりのQRコード決済、便利そうだけどよく分からない・・・

そんな人のために、メリット・デメリットと使い方を解説。

今のうちに導入しておかないと、消費税が上がった時に損をしますよ!

お疲れ様です、まいたけ(@maitakesan1)です。

突然ですが、こちらのニュースをご存知でしょうか。

キャッシュレスで5%還元 消費増税対策 五輪までの9カ月検討

引用:日本経済新聞

2019年の消費増税後しばらくの間、キャッシュレス決済に対して5%のポイントが返ってきます。

これに伴い、キャッシュレス決済が一気に普及することが予想されますね。

しかし!

キャッシュレス決済と言ってもクレジットカードと電子マネーしか分からない・・・

それどころか現金以外怖くて使いたくない・・・

そんな人も多い事でしょう。

今回はそんな人のために、QRコード決済の魅力と基本的な使い方を解説します。

QRコード決済を理解して、5%のポイント還元に備えましょう。

 

 

QRコード決済の基本的な仕組み

(知っている人は読み飛ばしてください)

QRコード

QRコード決済は、このような仕組みで行われます。

①QRコード決済のアプリ(楽天ペイなど)をスマホにインストールする

②お店のQRコードをアプリで読み取る、またはアプリのQRコードを店員にスキャンしてもらう

③アプリに登録されたクレジットカードや銀行口座から、代金が支払われる

クレジットカード払いや口座引き落としに、アプリを経由しているイメージですね。

とはいえ、ざっくりと分かっていれば準備はOK。

次はQRコード決済のメリットをお伝えします。

 

現金決済と比べた時のQRコード決済のメリット

QRコード決済と現金決済を比べると、このようなメリットデメリットがあります。

ここはしっかりと抑えて、判断の参考にしてくださいね。

 

メリット1.現金決済と比べて圧倒的に早い

①スマホを出す

②QRコードを読み取る(または読み取ってもらう)

③完了!

最速は電子マネーの気がしますが、QRコード決済もいい勝負。

財布からカードを出す時間を考えると、QRコードが勝つこともありそうです。

もちろん現金支払いとは比べようもないですね・・・

 

メリット2.ポイントが貯まる

QRコード決済にはポイントが付与されます。

当たり前ですが、その分現金決済よりもお得ですね。

下は楽天ペイの例ですが、200円で1ポイント獲得。

更に、アプリに楽天カードが登録されていれば100円で1ポイント。

楽天ペイでの支払い時に獲得できる楽天ポイント

QRコードで決済するだけで、現金と比べて1.5%安くなる

・・・って、使わない理由がありませんよね。

楽天カードと併用すると圧倒的に得なので、興味がある人はこちらの記事もどうぞ。

【クレジットは楽天カード】高いポイント還元率と使いやすさが魅力

 

メリット3.現金を下ろさなくていい

キャッシュレス決済なので、お金を下ろすのにATMを探す必要がありません。

※LINEペイなどは、残高が不足するとチャージの必要があります。

コンビニATMで毎回手数料を払っている人は、その分も節約になりますね。

 

 

メリット4.支出の管理が楽

家計簿アプリに登録してしまえば、いちいちレシートを保管しなくても管理できます。

これは楽!

 

現金決済と比べた時のQRコード決済のデメリット

デメリット1.使えないお店も多い

これが一番の弱点ですね。

まだまだ、どこでも使えるレベルとは言えない状況。

2018年12月21日時点では、以下のようなお店で支払いができます。

楽天ペイで支払い可能な店舗

ローソン

ファミマ

自遊空間

AOKI

メガネスーパー

PIZZALA

笑笑

など

 

LINEペイで支払い可能な店舗

ローソン

ファミマ

Tomod‘s

古本市場

マックハウス

ウェルシアグループ

など

 

デメリット2.後払いだと使いすぎる?

後払いだと使いすぎてしまうと思う人もいるようです。

そう感じる人は、家計簿をつけるなど対策の必要がありますね。

 

現金決済と比べて、QRコードにはこのようなメリットとデメリットがあります。

便利さを取るか、使い慣れた方を取るかといったところですね。

ただ、お得さや使いやすさを考えると導入して損はしないと思いますよ。



 

楽天ペイを例に、QRコード決済の使い方を解説

QRコード決済の良さを分かっていただけたところで、使い方の説明に入ります。

はじめに言っておきますが、非常に簡単です。

早速、下の画像をご覧ください。

楽天ペイの使い方

1.楽天ペイアプリをダウンロード

1分で終わります。

こんなアイコンのやつです。

楽天ペイアプリのアイコン

2.支払いに使うクレジットカードを選択

1分30秒で終わります。

 

3.会計時に、楽天ペイアプリで支払うことを伝える

爽やかに伝えます。

爽やかにアプリを開き、QRコードを爽やかに表示します。

楽天ペイでの支払い時に使用するQRコード

↑こんなやつ。

 

4.アプリのQRコードを読み取ってもらい、完了

笑顔で立ち去ります。

 

まいたけも使ってますが、やってみれば全然難しくないですよ。

アプリのインストールとカードの登録さえやってしまえば楽なものです。

 

 

結論:QRコード決済は便利でお得。使い方も難しくない

この記事のまとめです。

キャッシュレス決済を導入するべき理由

①2019年の消費増税後しばらくの間、キャッシュレス決済に対して5%のポイント還元が行われる

②今のうちにキャッシュレス決済を導入しておかないと損

 

QRコード決済のメリットとデメリット

メリット

①お会計のスピードが早い

ポイントが貯まる分現金よりお得

③現金をATMなどで下ろす必要がない

④支出の管理が楽

 

デメリット

①使えないお店も多い

②後払いなので使いすぎてしまうかもしれない

 

QRコード決済の使い方(例は楽天ペイ)

①アプリをダウンロード

②支払いに使うクレジットカードを選択

③お店でQRコードを読み取ってもらい、完了

以上です。

確かに、こういったものを新しく始めるのは面倒だと思います。

しかし、消費税が上がる時に導入してしていなかったら、確実に損をしますよ!

今のうちにアプリを入れて、増税に備えておきましょう。

あ、それから最後にひとつ。

楽天ペイの支払いに楽天カードを登録すると、ポイント還元率が0.5%から1.5%になります。

楽天ペイを使うなら、楽天カードがおススメです。

 



Follow me!

-お金の知識, より良い暮らし
-, , , , , , ,

Copyright© まいたけの人生いろいろ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。