お金の知識 より良い暮らし

【QRコード決済】PayPayの登録方法と使い方を写真で分かりやすく解説

更新日:



お疲れ様です、まいたけ(@maitakesan1)です。
100億円キャンペーンで話題になったキャッシュレス決済アプリ、「PayPay」
使い方を知りたくて公式ページ説明ページを覗いてみたら、まあ分かりにくいこと!

ということで、実際に自分で使って写真入りの解説記事を作りました。
この記事を読めば、PayPayの使い方がサクッと理解できると思います。
ぜひ参考にしてくださいね。

★PayPayの機能や使い勝手、実際の感想を知りたい方はこちら★
PayPayの機能や使える店、キャンペーン情報を実際に使って解説

★現金をまったく使わない生活は可能なの?実際やってみました★
【さらば現金?】楽天カードとEdyだけのキャッシュレス生活

★QRコード決済について詳しく知りたい方はこちら★
【QRコード決済】メリット・デメリットと使い方を分かりやすく解説

 

 

PayPayの登録方法

PayPayを使うには、下記の手続きが必要になります。

1.アプリのインストールと初期設定
2.銀行口座と連携するか、クレジットカードを登録して支払いに使えるようにする

 

1.アプリのインストールと初期設定

①PayPayのアプリをスマホにインストールする
アプリストアから「PayPay」と検索してスマホにインストールしましょう。

②アプリを開き、携帯の電話番号とパスワードを登録

PayPay最初の登録画面

③②の完了後にSMS(メッセージ)で届く認証コードを入力する

PayPay認証コード入力画面

④登録完了。ついでに新規登録キャンペーンの500円を獲得

PayPay初期設定登録完了画面

ここまで3分くらいですが、実際に使うにはもう少し手続きが必要です。
続いて、支払い方法の設定について解説していきますね。

 

2-A.支払いに使うクレジットカードを登録する

支払いに使うクレジットカードを登録しましょう。

①PayPayホーム画面左上のメニューをタップして「アカウント」画面へ
PayPayアプリホーム画面

②「アカウント」画面から「お支払い方法の設定」をタップ

PayPayのアカウント管理画面

③「クレジットカードを追加」をタップする
PayPay支払方法の設定画面

④クレジットカードの読み取りモードになるので、カードを読み取って登録

PayPayカード読み取り完了画面

カードの読み取り機能があるので、意外と簡単に完了します。
読み取りが上手く行かなくても、手入力ができるので安心です。

 

2-B.銀行口座と連携して残高をチャージする(注意点あり)

銀行口座連携して、残高をチャージしながら使うこともできます。
いわゆるプリペイド方式ですね。
ただこの方式には注意点があるので、以下をしっかりと確認して下さい。

1.Yahoo! JAPANの会員になる必要がある
登録される場合はこちらからどうぞ。

2.クレジットカード分のポイントがつかない
クレジットカード分のポイントがつかないと、還元率はたったの0.5%・・・
他と比べるとこんな感じです。

■楽天ペイ、楽天Edy→楽天カード経由なら1.5%
■LINEペイ→ランクに応じて0.5~2%、更に2019年7月31日までは上乗せで3%
■Suica→ビュー・Suicaカード経由の支払いなら1.5%
■各種クレジットカード→1%超えは普通

使うメリットなくないか・・・
と思いつつも、念のため登録方法を解説します。

 

①PayPayホーム画面左上のメニューをタップして「アカウント」画面へ

PayPayホーム画面

②「アカウント」画面から「お支払い方法の設定」をタップ

PayPayお支払方法の設定画面

③「PayPay残高にチャージ」をタップ

PayPayお支払い方法の管理画面

④銀行口座情報を入力して登録完了

PayPay銀行口座の追加画面

こちらの手続きは少し面倒なので、やはりクレジット支払いをおススメします。

 

2-Aか2-B、手順のどちらかが完了すると、いよいよPayPayでのお支払いができます!
さっそくお店に行って、お買い物に使ってみましょう。

 

PayPayでお買い物をする

ここでは、お買い物の際にPayPayで支払う方法を説明します。

店員さんにコードを読み取ってもらって支払う

自分でお店のコードを読み取って支払うよりも、こちらの方がずっと楽です。
手順は以下の通り。

①ホーム画面から「コード支払い」をタップ

PayPayホーム画面

②表示されたコードを読み取ってもらい、支払い完了

PayPayコード支払い画面

PayPayコード支払い完了画面
あっという間に完了!
他と比べると、楽天ペイ≧PayPay>>LINEペイといったところ。

 

お店のコードを読み取って支払う

こちらは、コンビニなどでの支払いには使う必要がほぼないでしょう。
店員さんに自分のコードを読み取ってもらう方が明らかに早いからです。
主に、飲食店でのテーブル支払いなどに使われているようです。

①ホーム画面から「スキャン支払」をタップ
PayPayホーム画面

②お店のQRコードを読み取り、金額を入力して支払い完了
PayPayコード支払い完了画面
レジに行かずにお会計ができるのは便利ですね!
友達の前でスマートに使うと盛り上がりそうです。

 

PayPayで友達に送金する

PayPayには、友達にPayPay上でお金を送る機能があります。
お金を立て替えてもらった時や、割り勘の時に便利ですね。
ただし、銀行口座への出金ができない点には注意。
※2019年1月現在

相手の電話番号を入力して送金する方法と、相手のコードを読み取って送金する方法があります。

相手の電話番号を入力して送金する方法

遠くにいる相手でも、電話番号が分かれば送金できます。

①ホームのメニューから「アカウント」画面へ進み、「マイコード」をタップ
PayPayアカウント管理画面

②「友だちに送金する」をタップ
PayPay送金先を選ぶ画面

 

③相手の電話番号を入力

PayPay送金先確認画面

④送金額を決定して送金完了
PayPay送金先と金額の確認画面

「支払ってくれてありがとう。PayPayで送金しとくね。」
うん、便利!

 

相手のQRコードを読み取って送金

目の前にいる相手なら、QRコードでの送金も可能です。
ただ、電話番号入力と手間はあまり変わりませんので好きな方でどうぞ。

①ホームのメニューから「アカウント」画面へ進み、「マイコード」をタップ
PayPayアカウント管理画面

②「バーコード支払い」をタップ
PayPay送金先を選ぶ画面

相手にバーコードを表示してもらい、自分のスマホで読み取る
PayPay送金相手に読み取ってもらうコードを表示した画面

④金額を決定して送金完了

こちらも非常に簡単です。
ネットバンキングより簡単で、しかも24時間送金できるのは強いですね。
支払いに使える店が増えたら、銀行いらないじゃん、ってなります。

 

まとめ:PayPayは機能面では普通だけど、手続きが面倒

PayPayの登録方法と使い方を説明しました。
ついでに、自分で実際にやってみた感想も書いておきます。

PayPayを実際に使ってみた感想

■登録手続き:Yahoo!JAPAN IDとの連携が面倒
■使いやすさ:普通。お会計のスピードは楽天ペイ程ではないが速い
■機能の充実度:楽天ペイより上、LINEには負け。
送金ができるのに銀行への出金ができないのが痛い
■ダメな所:公式ページと説明ページが分かりにくすぎて使えない

 

実際のところ、使うに値する?

結論を言ってしまうと、楽天ペイとLINEペイに負けています。
■楽天ペイ→使いやすさ、対応店舗数
■LINEペイ→機能の充実度、キャンペーン中の高いポイント還元率
それぞれ強力なアピール店がある中、PayPayはどれも中途半端な印象です。

まだこれから良くなっていくとは思いますが、現時点では候補から外してもいいと思うレベルです。
個人的には、使い続けて記事に反映していきたいと思いますので、お楽しみに!

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

★PayPayの機能や使い勝手、実際の感想を知りたい方はこちら★
PayPayの機能や使える店、キャンペーン情報を実際に使って解説

★現金をまったく使わない生活は可能なの?実際やってみました★
【さらば現金?】楽天カードとEdyだけのキャッシュレス生活

★個人的おススメの楽天ペイ。使いやすさと圧倒的な対応店舗数が魅力★
楽天ペイのお得な使い方や使える店、魅力的なキャンペーン情報を解説

★LINEペイは機能が多彩でキャンペーン中の還元率が魅力★
LINEペイのお得な使い方や使える店、キャンペーン情報を解説

 



Follow me!

-お金の知識, より良い暮らし
-, , , , , ,

Copyright© まいたけの人生いろいろ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。