ネタ

結婚生活を10倍楽しくする方法(奥さんにいじめられない方法)

更新日:




結婚生活を楽しくするには、相方を正しく理解する必要がある。

当然我が家にもその法則は当てはまるのだが、最近気付いたことがある。

もしかしてうちの奥さん、普通じゃないのでは・・・???

奇妙な行動の数々を目の当たりにして疑問を抑えきれなくなったので、この場を借りて発表したい。

寛大な目で見て頂ければ幸いである。

 

 

桃田よりバドミントン強い

桃田賢斗は、日本のバドミントン選手。

BF世界ランキング最高位は2位(2016年4月7日)。2014年トマス杯(団体世界選手権)金メダリスト。男子シングルスで日本人初のBWFスーパーシリーズ優勝、同ファイナルズ優勝と世界バドミントン選手権でのメダル獲得を達成している。

引用:Wikipedia

僕たち夫婦はバドミントンをきっかけに出会った。

最初見た時はその辺の素人より下手だったが、実は桃田より強いらしい。

「強すぎて観客が楽しめないから大会には出場しない」

「スマッシュを受け止めたら衝撃波でラケットと手首の骨が折れる。下手したら死ぬ」

とのこと。

嘘つけ!って言ったら、脅されるんですよ。

「これ以上反抗したらひどい目にあわすぞ!」だって。

基本強気。




 

すぐ踊る

とにかくすぐ踊る。

踊り始めるハードルがとてつもなく低い。

「早く風呂入れ~♪」とかいうレベルで踊る。

振付は全てオリジナルで運動神経も良くないので、非常にコミカルである。

ちなみに、彼女が踊り始めたら一緒に踊るルールになっているのだが、

オリジナルソングも必須なので結構大変である。

無視するとだんだん近づいてくるよ。

 

クソ丸ポイントを貯めてはいけない

↑ふくまる

 

彼女が最近よく見ている漫画に「ふくまる」という猫が出てくる。

この猫をたいそう気に入ったらしく、たまに僕のことを「ふくまる」と呼ぶ。

呼ぶのはいいが、僕が何かミスを犯すとポイントが貯まっていく。

ポイントが一定数に達すると、僕の名前は「クソ丸」になる。

そんなルール知らんぞ。

そして「クソ丸」という言葉が気に入ってしまったらしく、僕のことを「クソ丸」と呼ぶときは目が輝いている。

あなたも、家庭内ではクソ丸ポイントを貯めないように気を付けてほしい。




 

謎のキャラクターを生み出す

基本的に僕を攻撃するために生み出される。

 

「ダッコ」

ラッコに似た生き物。

僕の頭をホタテと勘違いしており、石でカチ割ろうとしてくる。

 

「ミーシー」

ACジャパンのCMから生まれた生き物。(既に謎)

サイズは猫くらいか。

セブンイレブンに大量に入荷されるが、店長が嫌いなのですぐに脱走する。

僕のことも嫌いなので、手を近づけると手首を破壊しにくる。

セブンイレブンに大量に入荷されるとか発想が謎過ぎますね。

 

「おっさん」

脂ぎっててホカホカのおじさん。

奥さんと喋っていると突然出てくるので気持ち悪い。

平泉成みたいな声。

 

「校長」

タンスに潜んでいて、僕が背を向けた瞬間に尻を触ろうとする変態。

毎週フィリピンに行っていやらしいことをするのが趣味。

これは元ネタがあるらしいので気になる人は調べてみてください。

 

「タンスイキョウボウフネオソイカワゾコニハラアタリザメ」

淡水の川に住んでいて、凶暴で大きすぎて川底に腹が接触していて近づいた船を襲うサメ。

 

やはりうちの奥さんは普通だった

普通じゃないかもしれないと思って書き出してみたが、案外普通でしたね。

心配しましたが、普通ということが分かって安心しました。

これからも、うまいことやっていきたいと思います。

おしまい




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

-ネタ
-, , , , ,

Copyright© まいたけの人生いろいろ日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。