家族を愛する副業ブロガー。最近の趣味はお金です。

まいたけの人生いろいろ日記

生活

まずは睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断から!CPAP療法の始め方と機械の使い心地を解説

更新日:



この異常な眠気、もしかして睡眠時無呼吸症候群・・・?

と思ったら、まずは病院へ!

検査入院が必要だったりと少しハードルが高いですが、その価値は間違いなくありますよ。

この記事で説明しますので、治療を始めるきっかけにしていただければ嬉しいです。

 

 

 

 

 

お疲れ様です、まいたけ(@maitakesan1)です(^-^)

本記事では、主に以下の内容を説明します!

①睡眠時無呼吸症候群の症状を改善する「CPAP療法」の始め方と費用

②機械の使い心地

 

CPAP療法とは

CPAP(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)とは、機械で圧力をかけた空気を鼻から気道(空気の通り道)に送り込み、気道を広げて睡眠中の無呼吸を防止する治療法です。

15~20cm位の大きさであるCPAP機器本体と、あらかじめ設定した圧力で空気を送るチューブ、鼻に当てるマスクからなり、睡眠中はこれを装着します。

CPAP治療を行った場合と行わなかった場合とを比較した研究によると、CPAP治療を行った患者さんの方が明らかに長生きできたなど、多くの研究によって、睡眠時無呼吸症候群に対するCPAPの効果が証明されています。現在では中等~重症の閉塞型睡眠時無呼吸症候群の標準的治療法として広く用いられています。

引用:一般社団法人 日本呼吸器学会

こんな機械を装着して寝ることで、呼吸のサポートを行います。

 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状を診断する

ハードルが高いと感じる方が多いかもしれませんが、とにかく病院に行くことです。

一度行ってしまえば、全て説明してくれるので安心して治療を受けましょう。

 

まずは睡眠科がある病院へ

お住いの地域で睡眠科がある病院を探しましょう。

できれば、睡眠時無呼吸を専門に扱っている病院がいいです。

それと、病院を決める際の注意点が一つ。

それは、

できるだけ家から近い病院を選ぶこと

なぜなら、毎月1回の通院を怠るとCPAP治療が保険適用外になってしまい、高額な治療費がかかってしまうから!

必ず病院で説明してくれると思いますが、重要なので覚えておいてくださいね。

 

2段階の検査で無呼吸の診断をする

病院では診察をしますが、これだけでは睡眠時無呼吸症候群(SAS)かどうかの診断はできません。

検査は2段階となっていて、少々手間がかかります。

 

①簡易検査器で無呼吸の疑いを検査

携帯型の機器を病院でレンタルして、自分で装着して1~2晩データを取ります。

呼吸状態や血中の酸素濃度などを計測し、睡眠時無呼吸症候群のうたがいを調べてくれます。

説明書を見ながら装着するのはけっこうめんどくさい。

 

②検査入院で実際の症状を計測

体中に謎の機器を取り付けて一晩病院で寝ます。

結構緊張するし違和感もあるのですが、眠れないとデータが取れず再入院・・・なんてこともあるので頑張りましょう。

または、簡易検査キットを持ち帰って自分で検査することも可能。

これによって、ようやくあなたの無呼吸症候群がどの程度なのかを診断できます。

 

 

検査・治療にかかる費用

①簡易検査器にかかる費用

病院で機器をレンタルし、使い終わったら返却します。

自己負担3割で3,000~4,000円程度の費用がかかります。

 

②検査入院にかかる費用

自己負担3割で15,000~50,000円程度かかるようです。

病院によってかなり違うので、事前の問い合わせは必須!

 

③毎月の通院にかかる費用

自己負担3割で毎月5,000円程度(僕は4,500円かかってます)かかります。

前述したように、毎月通わないと保険適用外になってしまうので、気を付けてくださいね。

 

結果が出たらCPAP療法を開始

検査が終わって無呼吸症候群の診断が下されると、CPAP治療を開始できます。

※症状が軽ければマウスピースその他の治療で済むこともあります。

その辺は結果次第で決めていただければと思います。

 

 

CPAP器具の使い心地は正直不満だらけ

さて、あなたの人生を劇的に変えてくれる可能性があるCPAP療法。

とはいえ、その前に使い心地を知りたいですよね。

 

CPAP器具は、ぶっちゃけかなり邪魔だし手入れも面倒です。

具体的にはこんな感じ。

①マスクが口の周りに常に当たっているので邪魔。たまにかゆい

②バンドの調整がうまく行かないと空気が漏れて治療効果が落ちる

③鼻から空気を送り込まれているので、マスクを外さないと会話ができない

④空気を送るホースが邪魔

⑤掃除の時など、機械そのものが邪魔

⑥排気口のスポンジ、マスク、空気を送るホースなどを手入れするのが面倒

これを見ると、CPAP治療がすごく最悪なものに思えるかもしれません・・・

しかし、これらのデメリットを全て吹き飛ばすほどのメリットがあるのも事実です。

欲をいえばもっと簡単に治療したいですけどね( ;∀;)

 

 

ちゃんと継続すれば9割以上の人に効果が出るCPAP療法

CPAP治療を始めたあなたは、きっとこう思うでしょう。

 

高い!

器具が邪魔!

手入れも通院も面倒!

 

しかし、騙されたと思ってまずは2か月続けてみてください。

実際CPAP療法は、きちんと使用すれば9割以上の患者に効果があるという結果も出ています。

これはやってみないと分からないと思いますが、本当にすごい効果ですよ。

もしCPAP治療に毎月5万円かかるとしても、僕は払います。

それくらいインパクトのある治療法です。

 

 

この記事では、CPAP治療の始め方と器具の使い心地を説明しました。

治療を始めるか迷っている方の参考になれば嬉しいですね。

僕の使ってみた感想としては、「どんなに邪魔でも面倒でも、やった方がいい」。

日中の眠気がなくなるのは、どんな手間を払ってでも手に入れる価値があります。

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

 



 

 

 

Follow me!

-生活
-, , , , , , , , , ,

Copyright© まいたけの人生いろいろ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。